シンフォニー

EDOF(イードフ)レンズとは?

EDOF(Expanded Depth of Field)眼内レンズとは、焦点を結ぶ距離が広いレンズです。
今までの多焦点眼内レンズの多くは、回折現象を利用して遠くと近くに焦点を分配し、遠近両用とするものでした。しかしこれにより夜間に光の周りにリングが見えたり、まぶしく見えたりするグレア・ハローという現象が課題でした。EDOF(イードフ)レンズは、独自の理論に基づき焦点の領域を広げる構造になっているため、ハロー・グレアが軽減され、夜間もより自然な見え方になっています。
当院で現在取り扱っているレンズはSymfony(シンフォニー)とMiniwell(ミニウェル)の2種類です。

※シンフォニーはエシェレット回折型です。


シンフォニー


ミニウェル

今までの多焦点眼内レンズとどこが違うの?

主な違いは、遠方から近方にかけて、視力の落ち込みが少なく、特に遠方から中間の距離(70cm~50cmくらい)まで自然に見えることです。

読書など手元を見る時は、眼鏡をかけてもよい人におすすめします。

>> シンフォニーレンズ体験談

<視力の推移比較>

夜の見え方に高い満足度!

グレアやハローが少し残るものの、他の多焦点レンズに比べて軽減され、単焦点眼内レンズとほぼ同等レベルと報告されています。

夜間の見え方において、強い不満を訴えた患者様は3%未満という統計もあり、EDOFレンズを選ばれたほとんどの方が満足されています。

グレア・ハローとは・・・

夜間に光が非常に眩しく感じる症状をグレア、光のまわりにぼやけた光のリングが見える症状をハローと呼びます。

■シミュレーションによる比較画像

他の多焦点レンズ

EDOFレンズ

単焦点レンズ

多焦点眼内レンズはレンズの構造上、単焦点眼内レンズに比べて見え方の質が落ちたり、グレア・ハローといった光のにじみもより強く出たりすることがありますが、EDOFレンズは単焦点眼内レンズとほぼ同様の見え方と言われています。

どんな人に向いているの?

  • 夜の運転が比較的多い(グレア・ハローを気にしている)
  • パソコンや料理など70~50cmくらいの距離を大切にしている
  • 長時間の読書などは眼鏡をかけても良い
  • 角膜に乱視がある(軽度~中等度)
    ※ミニウェルの乱視矯正は、2018年以降に日本で可能になる予定。

シンフォニーとミニウェルの違い

■シンフォニー

  • 先進医療対象(国内承認レンズ)
  • 乱視矯正も可能
  • 着色・非着色が選べる
  • アメリカ製

■ミニウェル

  • よりグレア・ハローが少ない
  • 度数の制作範囲が広い
  • イタリア製

※乱視矯正の発売予定あり。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • レンズの種類が豊富
  • 信頼される医師・スタッフ
  • お待たせしません
  • 白内障手術を受けるなら「名古屋アイクリニック」
  • 資料請求
ページトップへ