白内障Q&A

3. 手術後に起こるさまざまな症状

Q.  58才で(右のみ)白内障の手術をし、1年後の去年、濁りが出てきて視力が出なかったのを、医師には「老眼がでてきたから見え難いのだ」の一言で決め付けられ、辛い思いをしていたとき「レーザーをかけると鮮明に見えるようになる」とアドバイスを頂き、別の病院でレーザーを使っての治療をしていただきました。その直後の物の見え方に感動したものでした。あれから又一年、最近やはり右目の方が白い煙がかかっているようで(全体ではなく、部分的に)気になって仕方がありません。視力そのもは出ています。先生がお教え下さった”後発白内障”と考えられますか?飛蚊症となる浮遊物の一部が邪魔をしているようにも見えるのですが。同じ場所をジッと見つめているとその白い邪魔物が目の動きと一緒になって上下するようにも感じるのです。飛蚊症の一部なのかな?とも思いますが。この煙のような白濁した邪魔物は再びレーザーで除去できるのでしょうか?教えて下さい。  (60歳 女性)

A.  通常は後発白内障は一度レーザーで眼内レンズを包んでいる後ろの膜を破ると、もう2度とレーザー治療は必要無くなります。ただし私の経験として数例、線維性の膜が再発して同じように再治療としてレーザーを行ったことがあります。ただし、今回は少しそのような状況とは違うように感じます。後発白内障の場合は白内障のように視力が落ちてきますし、霞んで見える症状が継続するようになります。これに対して飛蚊症の場合は時々白いものを見たり、明るい場所で濁りが視界に入ってものを見る際にじゃまをしたりします。これは、多くは硝子体という目の中のゼリーの中に濁りが生じてその影がうつって見えているために起こる症状です。その特徴としては目を動かすとそれについて濁りも移動する点です。今回はお話から考えるとこの様な生理的飛蚊症だと思いますが、初めての症状であれば念のため眼科で病的な飛蚊症(網膜裂孔や網膜剥離の前兆)でないことを確認してもらった方がいいと思います。残念ながら飛蚊症に対するレーザー手術はありませんので、しばらくこの症状と付き合っていかなければなりません。


Q.  4年11月、両目に白内障の手術を受け、経過は順調と言われていますが、いまだに左目だけゴロゴロして時々目を開けていられないほど鈍痛があります。片目だけなので不安です。ニフランはさしていますがこのまま様子を見ていてよいでしょうか?症状が治まるのはどのぐらいかかりますか?別の病院に行った方がよいでしょうか? (63歳 女性)

A.  目がゴロゴロするというのは眼表面が荒れている可能性があります。二フランのような非ステロイド性の点眼薬を続けることで稀に眼表面に障害が起こる場合がありますので主治医に相談された方がよいと思います。それでも良くならなければセカンドオピニオンを求めても良いのではないでしょうか?


Q.  私は1ヶ月前に白内障の手術を日帰りで1週間の間に2回致しました、その後の5回の診察で経過良好と言っていただき安堵していましたらその2週間後に飛蚊症になりました。手術の後の傷にむくみが出ているのでステロイド剤を飲むように処方され、現在服用を始めて4日目です、その為か顔がむくんでしまい、その上眼の中の黒い小さな塵状の虫が少しも無くなりません。両方の目とも同じです。このステロイド剤を1週間飲むのは厭いませんが、この状態が改善されなければ再度手術ということになるのでしょうか?又手術後の傷が原因とはどういうことでしょうか?年齢のせいでしょうか?宜しくお願い致します。

A.  飛蚊症は白内障手術と関連はないように思うのですが・・・。キズが原因のむくみとは?炎症による網膜の黄斑浮腫のことでしょうか? 申し訳ございませんが、これ以上は分りかねます。


Q.  8月17日左目、24日右目に白内障手術しましたが、右目にローソクの光で左下から右上にかけ光線が映ります。これは何らかの異常ですか?左目は普通に見えます。

A.  乱視でしょうか?それとも眼内レンズ特有の見え方か。レンズが傾いているのか? 実際拝見してみないと何ともお答えのしようがございません。


Q.  手術をした母の事で相談させて頂きます。白内障の手術をした後からずっと、目に入れたレンズの輪が、暗いところでは目の中で下半分が透明に光って見え、雨の日の夜は街灯や自動車のライト、信号等光るものがすべて3倍くらいに大きく見え、その輪が七色に光って見えるので、そちらに集中してしまい、他の物が目に入らず危ない思いをしたそうです。 現在はその様に光っては見えないそうです。眼科医の先生は「視力は出ているので問題はない」といっているそうですが、このような症状は良くあることなのでしょうか。

A.  若い方ですと、稀ですがこのようなことを言われる方がいらっしゃいます。我々は「夜間グレア」と呼んでおりますが、術後のドライアイや瞳孔の大きさが影響しているようです。 今は慣れたせいなのか、落ち着いておられるようですので、様子を見ていただいてよいのではないでしょうか。


Q.  60歳女性の友人のことで質問させていただきます。1ヶ月ほど前に白内障で手術しました。手術自体は20分ほどで終わりましたが、術後帰宅してから目の痛みを感じるようになり、現在でも時々痛みが起こるそうです。また、視力も回復していないようです。1週間後の検査で細菌が入っていると言われましたが、次の検査では異常無しになっていたそうです。他の医院で見てもらったほうが良いでしょうか?

A.  術後の細菌感染はあまり無いことです。現在でも視力低下と若干の痛みがあるのであれば、「異常なし」はおかしいように思います。 明確な説明が無いようでしたら、セカンドオピニオンを求めて他院を受診されてもよいかもしれません。


Q.  私の母(87歳女性)は、12月10日午後白内障の手術を受けました。高齢でかなり症状が進んでいたため、手術の時間も20分程かかり、担当の先生も大変な手術でしたとおっしゃっていました。昨日通院で術後を見ていただきましたが、特に異常はないとのことでした。しかし母の眼は今日になっても、白く霧がかかったようで、かすかにものの形が分かる程度で一向に見えるようにはなってきません。まだ2日しかたっていないので見えるようになってくるのか、心配です。来週もう一方の眼も手術の予定なのですごく心配しています。先生の指示どおり点眼はしています。術後の見え方には個人差があると思いますので、このままでもう少し様子をみたいと思いますが、いつ頃から見えるようになるのでしょうか。

A.  診察してみないと何とも言えませんが、もし不安でしたら、今の目がよくなるまでもう片眼の手術は待っていただいてはいかがでしょう。そして、主治医にもう一度状態を尋ねられてはいかがかと思います。


Q.  先日、祖母(83)が日帰り白内障手術を両目(片目ずつ1ヶ月おき)したところ片目だけ手術後すぐに黒い点々(飛蚊症!?)が見え始めました。 眼科では『歳だからしょうがない』と言われましたが、術後直後の為、白内障手術が失敗したのではないかと心配になりました。どうしてでしょうか?

A.  これは3つの可能性が考えられます。もっともよくあるのは白内障になっていると、水晶体による濁りのために目の中に光がうまく届かず、飛蚊症の原因になる硝子体の濁りに気づかないことが多く、術後に濁りがなくなって初めて気づくというものです。私の患者さんにも同じようなことを言われた経験が何度もあります。2つ目の可能性は、白内障手術の影響で後部硝子体剥離を誘発し、それによって飛蚊症になる場合です。この後部硝子体剥離というものは目の中の加齢現象で起こるもので病的なものではありません。3つ目は、白内障手術によって網膜に影響がでて網膜裂孔などを併発した場合(ひどくなると網膜剥離に至ることもあります)で、これは現在の小切開の白内障手術ではまれな合併症となっていますが、起こればレーザー治療などが必要になります。


Q.  5月10日に左、5月11日に右の白内障手術を受けました。遠くが見えるようにとの事でしたが、結果は近くのものが見え遠くは殆ど見えません。医師から早いうちなら眼内レンズを取り替える再手術が出来ると聞かされました。1ヶ月近くになりますが果たして本当に無事にレンズ交換ができるでしょうか?(66才 女性)

A.  度数がずれてしまったのですね。確率的には多くはありませんが、どうしても避けられないことです。1ヶ月であれば、安全に取り替えることは可能です。

  • 返信:お忙しいなか早速お答え頂き本当にありがとうございました。 不安でいっぱいでしたが、勇気を出して再手術することを決心いたしました。 重ねて御礼申し上げます。
  • 御礼:このお答えに勇気をいただき6月9日に右目の眼内レンズを再手術して交換できました事をご報告いたします。 幸いに手術も無事済みまして視力も回復致しました。物がダブって二重に見えるのもなくなりました。 本当にありがとうございました。
  • 中村院長より:こんにちは。それはよかったですね!これからも目を大切になさってください。
  • 返信:はいありがとうございます。どうぞ今後とも困っている患者さんのお力になってくださいませ。益々のご活躍をお祈りいたします。

Q.  私の母(80歳)は7月8日右目・7月15日左目の白内障手術を受けましたが、今日現在 目がかすんで歩くのも怖いと言っています。手術前とあまり状態が変わらないようですが、これは時間の経過と共に解決してくるものでしょうか?
(55才 男性)

A.  原因を調べてみないと何ともいえません。 ドライアイなど術後早期の状態によるものでしたら、徐々によくなっていくものと思います。主治医によくお聞きになってください。


名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • レンズの種類が豊富
  • 信頼される医師・スタッフ
  • お待たせしません
ページトップへ