白内障Q&A

1. 手術の適応

Q.  コンタクトレンズを30年程利用しているのですが、先日飛蚊症の症状があったため眼科を受診しました。 その時角膜内皮細胞が2200と少ないため、今後コンタクトはしないほうがいい、また右目は瞳の中央が白濁している。左はそれほどではないということでしたが、白内障の手術を両目とも進められました。 多焦点レンズをいれればメガネをしない生活が期待できるといわれました。 念のため別の眼科を受診したところ、そこでは右目だけ手術を勧められました。

  • 質問1:まだあまり進行していないが、左目も手術することの問題はないのか?
  • 質問2:もし右目だけ手術した場合、左目はメガネによる矯正をすることになるが、支障はないのか?
  • 質問3:角膜内皮細胞が2200という時点でそもそもコンタクトはやはりやめたほうがいいのか?
  • 質問4:この年齢で白内障手術をした場合、将来的にどのようなリスクがあるのか?

など、すぐに白内障手術を両目するべきか悩んでいます。手術するなら多焦点レンズを希望しているのですが、アドバイスをお願いします。(48才 女性)

A.  難しい判断です。

  • 質問1:まだあまり進行していないが、左目も手術することの問題はないのか?
    その状態にもよりますが、矯正視力が良好であれば、原則的に白内障の手術の適応ではないと思います。
  • 質問2:もし右目だけ手術した場合、左目はメガネによる矯正をすることになるが、支障はないのか?
    その際は、左眼に合わせて近視を残すべきです。もし、近視を無くしたら、不同視といって、左右差によって眼鏡はかけられなくなります。
  • 質問3:角膜内皮細胞が2200という時点でそもそもコンタクトはやはりやめたほうがいいのか?
    一般には2000を切ったら中止していただきます。止めるまででもありませんが、時間を短くされた方がよいかもしれません。
  • 質問4:この年齢で白内障手術をした場合、将来的にどのようなリスクがあるのか?
    特にございませんが、高度近視の方の場合は網膜はく離の可能性を考えておかなければなりません。

以上です。主治医によくご相談ください。


Q.  1年前に白内障と診断され、理容業をしていますが明るい方を向いて仕事をする時にとても見づらいことがあり、「我慢できないようなら手術するしかありません」と先生に言われました。どうしてもやらざるを得ない状態までは行っていない様ですが、手術を1ヶ月前に控え診察に行き、色々な検査をしましたが、その結果は何も説明してもらっていません。

忙しいので詳しく説明できないのは当然かもしれませんが 手術をしたらどのような見え方になるのかなどを説明してくれるものと思っていたのに何も説明が無く、術後の生活などのパンフレットには、大変な事ばかり書いてあったので、真夏の手術にも不安がいっぱいになりました。0.7くらい見えている人はまだやるべきではないのでしょうか?

A.  もう手術は済まされましたでしょうか。
若くて仕事をされている方の場合は、比較的早く手術をすることが多いです。たとえ0.7の視力でも、若い方特有の後嚢下白内障の場合は、まぶしさなど視力以上に支障をきたしている場合もあります。


Q.  母が白内障になりかけています。本人はまだ見えるからもう少し症状が進んでからの手術を考えているようです。手術を受ける時期などあるのでしょうか?またネットで遠近両用白内障手術のことを知りました。保険適用の件や費用面に関して教えてください。

A.  白内障手術はご本人が不便を感じるようになった時が手術の時期と考えます。
遠近両用眼内レンズに関しては、関連ページをご参照ください。


Q.  主人の母(85歳、一人住まい)のことでご相談いたします。先日、母から「眼科で白内障の手術を受けないといけない、ほうっておいたら失明するよと言われた」という内容の電話がありました。主人がお医者様に電話をして詳細を聞いてみましたところ、「裸眼で0.3と0.5で、めがねをかけても0.6しか出ないので手術を」ということでした。急いで手術しなければいけないのでしょうか。

A.  たしかに視力だけをみるとそろそろ手術かなと思います。と、申しますのも、一般的に社会生活を送る上で、0.5を切ると不便を感じるといわれているからです。一般に過熟白内障と呼ばれるかなり進行したものでなければ、失明することもありませんし、急いで行うこともないと思います。


Q.  現在、車の運転には近視用を、通常は裸眼、手元には老眼用を使用しています。右眼だけが白内障が進んでいます(子供の頃の外傷性かも)。右眼だけに多焦点眼内レンズを入れた場合、両眼の視力のバランスはどうなるのでしょうか。左眼も手術が必要になりますか?

A.  近視である場合、バランスは確実に悪くなります。近視でなくても、多焦点眼内レンズは基本的には両眼の手術となります。年齢からすると、白内障になっていなくても、水晶体は劣化していると思われます。その程度を見極めてから、適応は慎重にされた方がよいかと思われます。


Q.  私は先天性白内障により 1歳頃に水晶体の除去手術を行いました。それから40年以上経過しているのですが、今からでも眼内レンズをいれることは可能でしょうか?視力の回復が見込めるのかお聞かせください。

A.  基本的にはレンズを入れる手術は可能だと思います。40年前の白内障手術なので、水晶体の袋が残っていない可能性があり、その場合はレンズを縫いつける手術になります。視力に関しては、弱視がなければ、すなわち現在コンタクトレンズや眼鏡で矯正視力がでる場合は、レンズを入れることで、裸眼の視力は大幅に改善されると思います。ただし、先天白内障などの場合には弱視といって視力の発達がうまくいってないことが多く、その様な場合には、眼内レンズを入れても視力はあまり変わらないかもしれません。


Q.  白内障の症状はまだないのですが、希望すれば手術してもらえるのでしょうか? 最近友人が白内障手術をうけ、見違えるように視力が回復したと喜んでいます。人間は40歳を過ぎると徐々に白内障になると聞いています。ならば今のうちに受けておきたいと思います。それに私は強度の近視で裸眼で0.02程度です。友人も近視だったのですが、視力まで回復しており喜んでいます。それともはっきり症状がないと希望しても手術はしてもらえないのでしょうか?

A.  白内障は年齢とともにかかりやすくなり、80歳以上となると程度の差はありますが殆どの方に白内障がみられます。それではどのような状態で手術が必要か?ということですが、最近は手術の安全性が高まったこともあり視力が0.7以下になる場合を1つの目安と考えています。ただし視力にはあらわれない症状(例えば眩しさなど)がひどい場合は視力が良くても手術を行う場合があります。

強度近視の方の場合は、確かに近視の矯正目的もかねて白内障手術を早めに行うこともありますが、この場合は白内障手術のリスクについて十分主治医と相談されることをお勧めします。ただ高度近視の場合網膜が薄く弱いため、白内障手術後に網膜剥離を起こすことがあります。このため、術前の検査では網膜に弱い部分がないかしっかり調べてもらう必要があります。


Q.  今、通っている眼科の先生が、手術の時期の選択は患者次第といってます。現在の視力は0.7~0.8ぐらいです。前回の検診より進んでるとも言われました。昨年の10月頃からぼやけた感じになってきました。

A.  たしかにその通りです。よほど進行している場合は別ですが、その方が不便を感じた時が手術をする時だと思います。


Q.  強度近視・強度乱視があり、コンタクトに限界を感じています。レーシック手術を受けようか悩んでいますが、将来白内障になっても手術は受けられないと聞きましたが本当でしょうか?レーシック手術をして角膜が十分残っていても手術は受けられないのでしょうか?将来的な目の病気に備えてレーシック手術は見送るべきか、先生のご意見をお聞かせ願います。

A.  レーシック後にも白内障手術は受けられます。当院でも数名の方が受けられています。その際は眼内レンズの度数計算が難しくなりますが、それも今は解決されつつあります。


Q.  85才の母の事で質問いたします。脳梗塞のため、左半身麻痺、認知症があります。認知症になる前から(2005年頃)、少しずつ見えにくくなっていたようです。もう少し進行したら手術しよう、と考えていたようです。
今は有料の老人施設におります。白内障のため、人の顔の区別がしにくいようです。声や、話し方でなんとか身内の者とわかるようです。手術は無理でしょうか? (55才 女性)

A.  白内障の手術は可能と思われますが、この場合は日帰りではなく、入院施設のあるところで手術をされた方がよいのではないでしょうか。視覚が遮られると、さらに認知症が進む可能性もありますので、手術をされることをお勧めします。


Q.  18才よりコンタクトレンズを使用しており、最近炎症を起こし医者に行きました。医者で角膜の細胞が通常3000のところ2000位に落ちていること、強度の近視であること、少し白内障の気があることを理由に手術を勧められています。白内障は今後10年の内には手術が必要だから早いほうがよいと言われましたが、早くても問題ないですか。今後遠近両用レンズになるまで待ちたい気がしますが。(50才 男性)

A.  白内障の程度にもよりますが、矯正視力(メガネ・コンタクトレンズでの視力)が良好であれば、まだあわてて手術を行う必要はないと思います。ただし、角膜内皮細胞の保護のため、コンタクトレンズは短時間にされた方がよいでしょう。あと10年ほど待たれてから、遠近両用レンズにされるのもよいですね。


Q.  母(67歳)が10年ほど前に近視矯正の手術をしたのですが、近視矯正をしていると白内障の手術はできないのでしょうか?大きい病院への紹介状をお願いしても書いていただけないので白内障を我慢しなければいけないのでしょうか?(29才 女性)

A.  それはありません。手術は問題なく行うことができます。眼内レンズの度数計算は難しくなりますが、今は大きな病院であれば、それを補正する式を用いて計算することができるはずです。


Q.  はじめは片方の目だけ白内障の手術をして、数年後にもう片方を手術することも可能でしょうか? また、片方のみの手術だと手術していない目に負担が掛かるのでしょうか?現在、左目の視力0.4、右目1.0です。(59才 男性)

A.  当然、問題ありません。左右の近視・乱視などの度数の違いが無い限り、負担がかかるということはないでしょう。


名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • レンズの種類が豊富
  • 信頼される医師・スタッフ
  • お待たせしません
ページトップへ