手術のタイミング

目薬や内服薬には、白内障の進行を遅らせることはできても、治す力はありません。

白内障が進行すると、失明の可能性がある緑内障を発症したり、白内障手術が難しくなったりするケースがあります。

白内障は、誰もがかかる老化現象。75歳以上の2人に1人は手術が必要

白内障には、様々なタイプのものがありますが、最も一般的な白内障は老化によって生じるものです。早い人で40歳くらいから発症し、60歳を過ぎると8割以上、80歳を過ぎると100%、つまりすべての高齢者に症状が見られます。白内障は、誰もがかかる「老化現象」の一つだと言えるでしょう。75歳以上では、2人に1人は手術が必要とされています。

白内障が進行すると、失明につながる緑内障の原因になることも

見えにくさを感じず、生活に支障がなければ、急いで手術をする必要はありません。ただし、忘れてはならないことは、白内障は放っておけば間違いなく進行するということです。その結果、水晶体が大きくなり、目の中の水分の流れが滞ることで眼圧が上がると、失明する危険のある急性緑内障を引き起こすリスクが高まります。

放置しておくと手術が難しくなるケースもあるので要注意!

同じ白内障でも、水晶体の濁り方によっては、すぐに手術を受けないと、手術が難しくなってしまうこともあります。自覚症状を感じたら、早めの眼科受診が肝心です。

「視力が0.5以下になった」「まぶしい」など、生活に不自由を感じたら手術を検討

進行が早い白内障や、他の目の病気や持病などのリスクを抱えている場合は、早期手術が必要になることがあります。それ以外の方の場合、一般的な目安としては、普段メガネをかけていない人が0.5以下の視力になったら手術をしたほうがいいといわれます。車をよく使う方は、日の光や夜間の灯りに強いまぶしさを感じるようなら、運転は危険ですので、早い段階で手術をしたほうがいいでしょう。50歳以上で、白内障の症状によって生活に不自由を感じたら、少しでも早く手術を受けてクリアな視界を取り戻し、「生活の質(QOL)」を上げることをおすすめします。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • レンズの種類が豊富
  • 信頼される医師・スタッフ
  • お待たせしません
ページトップへ