手術費用

ご存知ですか!?加入されている保険によっては、手術費用が全額給付されます!

単焦点眼内レンズ

健康保険の負担率 片眼費用 両眼費用
1割負担の方 約20,000円 約40,000円
2割負担の方 約40,000円 約80,000円
3割負担の方 約60,000円 約120,000円

※トーリック眼内レンズも同額です。

※費用は個人差がありますので、目安としてお考えください。

※診療報酬点数の改定に伴い、大幅に変わることがあります。

多焦点眼内レンズ

■先進医療対象レンズ

先進医療対象 両眼費用
乱視なし 850,000円
乱視あり 950,000円
保険診療(検査費・薬代)  
1割負担の方 約5,000円
2割負担の方 約10,000円
3割負担の方 約15,000円

※先進医療対象の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療に指定されているため、先進医療実施医療機関に承認されている当院にて同手術を行った場合、手術代金以外の検査代、薬の処方代などが“健康保険適用”になります。

※先進医療のため消費税はかかりません。

※ 「先進医療」にかかる費用をカバーする保険に加入されている方は、先進医療費(自費負担)の全額が給付対象となります。>> 詳しくはこちら

※費用は個人差がありますので、目安としてお考えください。

■先進医療対象外レンズ

先進医療対象外 両眼費用
乱視なし 850,000円(税込)
乱視あり 950,000円(税込)
検査費・薬代 30,000円(税込)

※ミニウェル、レンティス、ファインビジョンは、日本では未承認のため先進医療の対象外です。

■ピンホールレンズ「IC-8」(先進医療対象外)

先進医療対象外 費用(片眼の装用)
IC-8 425,000円(税込)
検査費・薬代 30,000円(税込)

※ピンホールレンズ「IC-8」は、日本では未承認のため先進医療の対象外です。

※片目には単焦点レンズを入れ、両目で遠くも近くも見えるようにするレンズです。

2018年1月改訂

アドオンレンズ

  片眼費用
アドオンレンズ 250,000円(税込270,000円)
検査費・薬代 29,000円(税込31,320円)

お支払い方法

  1. 現金
  2. クレジットカード
    一括、分割、リボ、ボーナス、ボーナス併用などお選びいただけます。
    取り扱いカード一覧
    VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、UFJ Card、NICOS、MUFG Card、DC Card、UC Card
    利用可能カード
  3. デビットカード
  4. 振込み

知っておきたい、お金の話

レンズの種類により、控除や給付の対象に違いがあります。

  単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ プレミアム多焦点眼内レンズ
国の医療費控除
保険会社の手術給付金
国の高額療養費 × ×
保険会社の先進医療給付金 × ×

■先進医療給付金について

民間の医療保険の中には、「先進医療」にかかる費用をカバーする特約やプランを設けている保険があります。多焦点眼内レンズの先進医療費(自費負担)の全額が給付対象となり、無料で先進医療を受けることができます。

現在、医療保険に加入されている場合は、保険会社へ「先進医療」が保障の対象か否か、予めご確認ください。契約プランや加入時期によっても、保障内容が異なります。
なお、通常、先進医療を受ける直前に加入するということはできません。

■生命保険の手術給付金について

契約されている方は、手術給付金が支給されるケースがあります。加入されている保険会社や契約内容によって異なりますので、予め保険会社へお問合せください。

■医療費控除について

昨年1年間に支払った医療費(本人および家族が支払った金額)の合計が10万円を超えた場合、確定申告をすると税金が減額もしくは還付金が受けられます。なお、申告の際、領収書が必要となりますので失くさないよう、大切に保管しておいてください。

■高額療養費について

1ヶ月の自己負担額が限度額を超えると、超過分が償還されるという制度です。
自己負担額の上限は、医療機関ごとに計算します。申請方法や詳細につきましては、区役所または市町村役場の各窓口でご確認ください。

※多焦点眼内レンズの手術費用(自費)は、高額療養費の対象にはなりません。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • レンズの種類が豊富
  • 信頼される医師・スタッフ
  • お待たせしません
  • 白内障手術を受けるなら「名古屋アイクリニック」
  • 資料請求
ページトップへ